患者を診る医者と笑顔の医者
公開履歴

医師から高血圧と診断され、降圧剤を処方されたという方も、多いのではないでしょうか。
現在、日本では約4300万人もの方が高血圧で治療、もしくは高血圧予備軍と言われています。
これほど、高血圧は日本人にとって、身近な病気なのです。
高血圧の治療として、処方される降圧剤には色々な種類があります。
その中の1つに挙げられるのが、コバシルのようなアンジオテンシンII受容体拮抗薬という降圧剤です。
アンジオテンシンII受容体拮抗薬は、動脈の血管が収縮するのを、抑える効果を持っています。
アンジオテンシンIIというタンパク質は、動脈の血管を収縮させるタンパク質です。
このアンジオテンシンIIの働きを抑制する事で、血圧が必要以上に上がるのを防ぎます。
アンジオテンシンIIは受容体と結合しなければ、血管を収縮する事ができません。
アンジオテンシンII受容体拮抗薬を服用する事で、アンジオテンシンIIが受容体と結びつく作用を抑え、血管を拡張し血圧を下げる効果を得られます。
高血圧の状態が長く続くと、血管に負荷がかかり動脈硬化を引き起こすケースも、少なくありません。
動脈硬化が腎臓部分で起これば、腎障害へと繋がります。
アンジオテンシンII受容体拮抗薬は、腎障害の治療にも用いられる降圧剤でもあります。
他にも糖の代謝を高める作用や、心臓を保護する作用もあるようです。
また、メタボリックシンドロームの治療に、アンジオテンシンII受容体拮抗薬が、用いられるケースもあると言われています。
このように、アンジオテンシンII受容体拮抗薬は現代人が発症しやすい、病気の治療のためポピュラーに処方されている薬です。
他の降圧剤よりも副作用が少ないと言われている、安全性の高さから、処方している病院は数多くあります。

記事一覧
降圧剤の種類と選び方

高血圧の約90%を占める本態性高血圧症の第一選択薬となる降圧剤には次のようなものがあります。一番多く...

2019年06月26日
鶴ヶ島市で臨床研究で効果がある降圧剤を使う

鶴ヶ島市で高血圧の症状に悩んでいる人もいるでしょう。日本食は塩分が高いことから高血圧になりやすい国民...

2019年08月07日
降圧治療の減塩食レシピ改訂版や人参を使って血圧調整

高血圧症と診断された人や、血圧が高めであることを気にしている人が、高血圧治療の具体的な方法について知...

2019年08月27日
高血圧で発症しやすい閉塞性動脈硬化は降圧対策で

高血圧と動脈硬化は、切っても切れない関係という事実は、あまり知られていないようです。動脈硬化は心臓か...

2019年07月13日
カルシウム拮抗薬とACE阻害薬の違いとは

高血圧症の治療に用いられる治療薬の降圧薬には、カルシウム拮抗薬やACE阻害薬、利尿薬等の他にもいくつ...

2019年06月12日