• ホーム
  • 鶴ヶ島市で臨床研究で効果がある降圧剤を使う

鶴ヶ島市で臨床研究で効果がある降圧剤を使う

2019年08月07日
仕事をしている医者たち

鶴ヶ島市で高血圧の症状に悩んでいる人もいるでしょう。
日本食は塩分が高いことから高血圧になりやすい国民性と言われ、それは鶴ヶ島市だけとは言えず、日本中でも高血圧で悩んでいる人も多いです。
高血圧になると動脈硬化といった生活習慣病になるだけではなく、脳卒中や心筋梗塞といった命の危険となる病気になることも多いです。
そのような病気になると、好きなことができなくなりますので、クオリティーライフそのものを下げる原因になります。
それほど高血圧は厄介な症状です。
鶴ヶ島市にも、良い降圧剤がありますので、臨床成果を出した降圧剤を使って治療を行いましょう。
臨床研究というのは、治験で得た医薬品の安全性と効果に加えて新しい効果があるのかを調べる研究になります。
ある降圧剤の臨床研究で脳卒中や心筋梗塞の予防もできるということがわかりました。
夢の降圧剤と言われていましたが、それに疑問を投げかける医師や研究者が続出し、臨床研究を改めるとデータが改ざんしていたということもありました。
すべての医薬品がそのようなものではないですが、良い臨床結果が出たと言っても、過度な期待は禁物になります。
高血圧の症状がひどい場合は、常に降圧剤を服用しなければなりません。
安定するまで服用しなければなりませんので、面倒に感じることもあるでしょう。
しかし服用しないと他の症状を発症することもありますので、飲み忘れは降圧剤のひとつの課題になります。
そんな課題を解決できる医薬品も誕生しています。
1日に1回服用するだけで良いという降圧剤もありますので、クオリティーライフを保つことができるでしょう。
自分の生活環境にあった医薬品を選んで服用してください。

関連記事
降圧剤の種類と選び方

高血圧の約90%を占める本態性高血圧症の第一選択薬となる降圧剤には次のようなものがあります。一番多く使われているのがカルシウム拮抗薬、次いでアンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)です。その他、アンジオテンシン変換酵素阻害薬(ACE)、利尿薬、β遮断薬、キサンチンオキシダーゼ阻害薬があります。降圧...

2019年06月26日
降圧治療の減塩食レシピ改訂版や人参を使って血圧調整

高血圧症と診断された人や、血圧が高めであることを気にしている人が、高血圧治療の具体的な方法について知ることが出来るテキストとして、一般向けの「高血圧治療ガイドライン」解説冊子があります。これは、日本高血圧学会が2000年に初めて発行し、その後も改訂版を何度か出している医師向けの「高血圧治療ガイドライ...

2019年08月27日
高血圧で発症しやすい閉塞性動脈硬化は降圧対策で

高血圧と動脈硬化は、切っても切れない関係という事実は、あまり知られていないようです。動脈硬化は心臓から全身に血液を送る、動脈という血管が硬くなる病気の事を言います。血圧が高い状態が続くと、血管に強い圧力がかかります。すると動脈は圧力に耐えようとして、血管壁を厚くしてしまうのです。血管壁に厚みがでると...

2019年07月13日
カルシウム拮抗薬とACE阻害薬の違いとは

高血圧症の治療に用いられる治療薬の降圧薬には、カルシウム拮抗薬やACE阻害薬、利尿薬等の他にもいくつかの種類があります。最も多く使用されている降圧薬に、カルシウム拮抗薬やACE阻害薬がありますが、それぞれには作用の違いがあります。カルシウム拮抗薬は、カルシウムブロッカーとも呼ばれており、カルシウムチ...

2019年06月12日